« 大学病院→クリニックへ | メイン | 大学病院はもういい… »

歯科医師の開業

医師と歯科医師では見る限りに歯科医師のほうが開業している人が多いように感じます。
精神保健指定医などは開業の悩みなどはないんでしょうね。
私の家の周辺にも、ここ1年で2件も歯科医ができました。
少し車を走らせれば歯科医はだいたい目につきます。
話によると医師は病院勤務でも、十分な収入があるといわれています。
それに比べて歯科医師は、医師のように病院勤務ではありませんから、週に何度か手伝いのような感じで開業した歯科医にいくか、大学に残るかしかないようですね。
だったら自分で開業したほうがよほどいいということですよね。
手段として、開業して歯科医師として働くしかないのだということになってしまいます。
大変ですね。
素人の考えからしたら、きっと歯科医師の開業が簡単だから皆そうして自分でやっていっているのだと思っていましたが、こうしたことがわかってくると、また彼らの大変さがわかります。
自立して収入を得たほうが医師としてもメリットが大きいというわけです。
しかし、今は歯科医師よりも医師が大変不足しているといわれています。
医師の減少は患者にとっても心配なものになっていくと思います。
医師が増えていくことを強く望みまず。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.roycoffman.com/mt3/mt-tb.cgi/36

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2014年11月27日 16:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「大学病院→クリニックへ」です。

次の投稿は「大学病院はもういい…」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38